ホームページの作り方は視聴者目線が大事!

視聴者は見やすいさをホームページに求めている

視聴者はホームページに何を求めているかというと情報です。情報が見やすいかどうかでホームページを読むかどうかを決めます。その目線で考えると、情報をしっかりと読み取りやすい状態で載せておくことが大事になります。見やすいホームページとはどのようなものかというと、文字ばかりの物ではないです。文字だけが書いてあるホームページを見たことがある人は分かるでしょう。かなり読みずらいです。そう考えると、読みやすいのは適度に解説する図があったりするものです。写真や絵が適度にあるホームページは視聴者に読みやすいものになります。

ホームページは色使いも重要

真っ黒いホームページを見たことがありますか。そのようなホームページだと暗いイメージになってしまいます。赤ばかりでも読みにくいでしょう。ホームページを作るなら、色を視聴者の目線に合わせて使い分ける必要があります。夏のイメージなら青が良かったり、南国のイメージならオレンジが良かったりまします。見る人はホームページから感じられるイメージを大事にしますので、色は重要なのです。

文字はこだわりを出せるポイント

視聴者に合わせて読みやすいホームページを作るとして、文字も重要な要素です。大きさ、色、書体、文字間などこだわるべきポイントは少なくありません。しかも、文字は情報を伝えるシンプルな手段です。伝えたい文字を太文字にしておくだけで、視聴者に情報を伝えることができるでしょう。書体にこだわれば、ホームページの特徴を出すことができます。視聴者に合わせながらも、独自性を出せるのも文字の大事な要素です。

最近はホームページ制作は誰にでもできるようになりました。とあるワードプロセッサーでは、HTML形式での出力が可能となり、ワープロを打つのと同様な手法で制作が可能です。

Related Articles